プラセンタ注射はヒトプラセンタ

 

プラセンタ注射はプラセンタを体内に取り込む方法として1番効果を感じやすく、また即効性があるといわれています。
ではそのプラセンタ注射とは一体どんなものなのでしょうか?

 

プラセンタ注射は人の胎盤が原料になっているプラセンタエキスです。
人間の胎盤を使っているのでなじみやすいのは何となく想像ができますよね。

 

 

このヒトプラセンタは医療用として使われています。
そしてその人の胎盤は国内の病院からHIVやB型肝炎、C型肝炎などの病気にかかっていないかをしっかり調べ、正常分娩したあろの健康な妊婦の胎盤を使用しているのです。
また国から認められている製薬会社がプラセンタ注射を作っています。

 

プラセンタ注射は治療目的で用いられています。
その代表的な治療は肝機能障害や更年期障害などのホルモン治療目的です。

 

今現在これらの治療に使われている注射は2種類、「ラエンネック」と「メルスモン」です。

 

 

「ラエンネック」は肝臓の病気や肝機能障害の治療に、「メルスモン」は更年期障害やホルモンの治療目的に用いられることが多いようです。
プラセンタ注射の医療効果を期待することができるでしょう。

 

ほかにもプラセンタ注射の効果として体内に直接注入するので効果を早く実感できるでしょう。
医療関係はもちろん、美容関係にもしっかり効果があります。

 

ニキビをしっかり直し肌の表面を整える、またはシミがうすくなり明るい肌になるなどの効果があります。
その他にも美容効果も多くあります。

 

しかしながらプラセンタ注射は医療目的の場合は保険適応となりますが、美容目的の場合は自由診療になるので保険は適応されないのです。