取り込む回数

プラセンタ成分を体内に取り込まなくては効果につながりません。
ではいったいどのぐらいの回数プラセンタ成分を取り込まなくてならないのか気になりますよね。
今回はその回数について知っておきましょう。

 

もちろん効果の感じ方によっての回数が異なるのでプラセンタ成分を取り込んでいる人が全員皆同じというわけではありません。
その人自身の感じ方はもちろんのこと、その人の生活環境の違いも関係してきますので必ず・・・とはいえません。
毎日のようにストレスを感じている人、紫外線に浴びている人などそれぞれの状況によって美容環境も健康環境も変わるということです。

 

まずはプラセンタ注射からみていきましょう。
今までにも述べたように医療機関やクリニックへ行っての接種となります。
プラセンタ注射は浸透性が早いので効果の感じ方も早いといわれています。
そのため1回接種すると2日前後で効果が感じられるといわれています。
しかしながらその効果のあらわれ方は早いのですが、その分効果を薄れてきてしまうのも早いようです。
そのためプラセンタ注射は1週間に1,2回の接種が理想とされています。
(中には毎日接種することを進めている医療機関もあるようです)
1回に打つ量も保険で定められている量がありますが、それ以上接種することも可能のようです。
それでも多くて3アンプル(6ml)ぐらいがベストのようです。

 

プラセンタ注射を始めてばかりのころはやはり成分イコール効果となるまでは接種する回数も多いほうがいいようです。
継続していることでその回数の間隔は少し空いてくるようです。

 

 

次にプラセンタサプリを見てみましょう。
プラセンタサプリの場合は注射に比べると効果が表れるまでに時間が少しかかります。
そのためサプリの場合は継続が重要になってきます。
基本は1日1サプリです。
注射同様に飲み始めの時は1日の量を少し増やしたりすることもおすすめです。
でも毎日飲み続けてこそ効果を感じることができるのがサプリです。

 

 

 

まとめると回数で言ったらプラセンタサプリのほうが毎日となるので多いといえるかもしれません。
しかしながらサプリの場合は毎日の摂取と言っても自宅やそのほかどこでもいいので手軽です。
プラセンタ注射の場合は通院しなくてはならないので毎日ではない、1週間に1,2回であっても少々大変のように感じます。
プラセンタ注射にもサプリにも共通していえることははじめは少し多めに体内にプラセンタ成分を取り込むことです。
慣れてきたら注射は回数としては減ってきます。
サプリの場合は回数はへってはきませんが量が減ってくるといえるでしょう。

 

またどちらも効果を感じ続けたいのなら継続することが必要であるということです。