使われている種類

プラセンタ注射とサプリ、それぞれ胎盤から栄養素を抽出したものです。
どんな胎盤から抽出されているかについてみていきましょう。

 

プラセンタ注射については人間の胎盤を使用しています。
他のものの胎盤は使われていません。
健康な妊婦さんからの胎盤のみを使用しているのです。
その人間の胎盤から抽出された成分配合のヒトプラセンタでは2種類のものがほとんどです。
「ラエンネック」「メルスモン」というヒトプラセンタが使われています。
これらは医薬品として扱われているので医療機関やクリニックでの接種のみとなります。

 

ではプラセンタサプリはどんな種類があるのでしょうか?
プラセンタサプリは逆に人間の胎盤は使われていません。
どうぶつの胎盤を使っています。
その動物には



これらの3種類の動物の胎盤から栄養素を抽出しているのです。

 

それぞれ特徴があってその特徴を生かして多くの会社が研究に研究を重ねてプラセンタサプリを作っています。
多くの会社が豚の胎盤から抽出した豚プラセンタを配合しているサプリメントが市場の多くを占めていますが今は馬プラセンタの人気がうなぎ上りのようです。
羊はもともと日本では作られていないので輸入に頼っているのが現状です。

 

最近は胎盤だけでなく胎盤の代わりとなる部分を使ったプラセンタが登場してきています。
それが植物プラセンタとマリンプラセンタです。
植物プラセンタは胎盤と同じような働きをしている「胎座」に注目してその栄養素を抽出しているのです。
マリンプラセンタは卵巣部分が胎盤の代わりとなってそこから栄養素を抽出しているのです。

 

動物の胎盤に抵抗がある人に人気が高いようです。
どうしても成長因子がない分効果に違いが少しでてきてしまうようです。
美容効果は期待できますが健康効果はあまり見られないようです。

 

種類によっても効果の違いが現れると言われているので自分にあったものを見つけるのがおすすめです。